青竹龍尾

パワプロ2018でOB選手を作ってます。

児玉利一 (1954) 【パワプロ2018】

盲腸で2安打した豪傑。カーブ打ちの主砲・児玉利一

大分商業学校時代にセンバツ出場。
その後明治大学に進学し4番として活躍。全大分から1951年に32歳の年齢で名古屋ドラゴンズに入団。この年は内野手としてプレーしつつ、投手としても数試合投げた。翌年からは定位置を確保し主力として活躍。
1954年は西沢道夫杉山悟と強力クリーンナップを組み、リーグ優勝及び日本一には4番・三塁手として貢献した。1955年と1956年にベストナインを獲得した。
1957年に大洋ホエールズへ移籍。1958年に引退した。引退後は1976年に大洋でコーチを務めたほか、フジテレビ・関西テレビ東海テレビ広島テレビクロスネット時代にFNS向け)・テレビ西日本東海ラジオプロ野球解説者としても活躍した。特に、相次ぐ現場復帰でフジテレビ系列局の解説者が不足した時期には大部分の全国中継を担当していた。
カーブを打つのが上手く、「カーブ打ちの名人」と言われていた。
2008年9月3日、前立腺癌のため死去。享年89。

 

1954年成績

.272(353-96) 10本 47打点

 

f:id:Harumaki_0924:20190219221838j:plain

f:id:Harumaki_0924:20190219221846j:plain

f:id:Harumaki_0924:20190219221854j:plain