青竹龍尾

パワプロ2018でOB選手を作ってます。

セリーグ

関川浩一 (1999) 【パワプロ2018】

野手のMVP 1999年成績 .330 4本 60打点 20盗塁 ベストナイン チャンスB 満塁男 なし .308(299-92) 1本一塁 .347(101-35) 1本二塁 .323(62-20) 1本一二 .526(19-10)三塁 .235(17-4) 1本一三 .571(7-4)二三 .375(8-3)満塁 .444(9-4)得点圏 .369(122-45) 2本 流…

野口茂樹 (1999) 【パワプロ2018】

MVP ここで説明するまでもない選手。MVP投票では1位票は59票は80票の上原に負けていたが、2位票72票、3位票41票で上原の35票、33票に差をつけ、552点で538点の上原を下しMVPに輝く。ベストナインでは33票対160票と完敗だった。また、7月に防御率1.34、4勝無…

岩瀬仁紀 (1999) 【パワプロ2018】

今日も岩瀬がはつらつと 1999年成績 防御率1.57 10勝2敗 73奪三振 65登板 74.1投球回 28.15RP 最優秀中継ぎ 球種別成績(球種、推定結果球割合、推定被打率) ストレート 39% .263スライダー 51% .222シュート 8% .266シンカー 1% .491 ムービングファスト …

ネルソン・リリアーノ (1999) 【パワプロ2018】

内野ならどこでも守れるユーティリティプレイヤー MLB通算500安打を記録したメジャーリーガー。1999年6月末に入団期限ギリギリでメキシコシティ・レッドデビルズ(メキシカンリーグ)から中日ドラゴンズに入団。7月21日、不調だった李鍾範と入れ替えで一軍に…

川上憲伸 (1999) 【パワプロ2018】

開幕投手も、二年目のジンクスに苦しむ 開幕投手を務めたが、10月2日の対横浜ベイスターズ戦では、7回を投げて19被安打(当時のリーグワースト記録)、14失点(当時のリーグ最多タイ記録)と打ち込まれた。チームのリーグ優勝で迎えた日本シリーズでは、チー…

宣銅烈 (1999) 【パワプロ2018】

胴上げ投手になるも引退 この年も抑えの切り札として28セーブを挙げ中日の11年ぶりのリーグ優勝に貢献したが、シーズン中盤の6月に3連続で救援失敗をするなど安定感が薄らいだ事などから、この年のシーズン限りでの現役引退を表明。引退会見では6月の時点で…

李鍾範 (1999) 【パワプロ2018】

風の子 最近だと韓国代表の李政厚の父親として有名ですかね。 1999年成績 .238 9本 33打点 24盗塁 チャンスF .193 対左投手A .315 走塁D 成績的にはCなんですが暴走があるので1ランク低く。 チームプレイ× デフォのバント〇と共存しているのが気に入ったので…

福留孝介 (1999) 【パワプロ2018】

日本シリーズのイメージで1番関川3番福留かと思ってたけど、2番福留3番関川が多かったんだね、これだけ打てる2番はいい。 あと思ったより守備率よかった。 三振多いのは知ってたけど新人記録なのは知らなかった。 1999年成績 .284 16本 52打点 チャンスC .30…

牛島和彦 (1982) 【パワプロ2018】

リリーフエースとして優勝に貢献 1982年成績 防御率1.40 7勝4敗17セーブ 53登板 77.1投球回 75奪三振 WHIP0.93 ノビC 被打率.163と優秀すぎるので。 リリース〇 球持ち〇 ポーカーフェイス 当時の映像を見た感じ。成績が良いのもある。 軽い球 この年はそこ…

小松辰雄 (1982) 【パワプロ2018】

開幕戦と最終戦で先発マウンドに上がり胴上げ投手 初の開幕投手に抜擢されるも、2回持たずにKOされてしまう。さらには右太ももを負傷して戦線離脱となる。復帰後、入れ替わりに故障して二軍落ちした牛島和彦に代わって抑えを務め、マジックを1とした最終戦の…

高木守道 (1974) 【パワプロ2018】

20年ぶりの優勝に貢献 1974年成績 .276 15本 47打点 ベストナイン ダイヤモンドグラブ賞 日本シリーズ敢闘賞 対左投手B 対左投手.327 対右投手.269 盗塁F 成功率.560 エラー 23失策でリーグ最多。

高木守道 (1963) 【パワプロ2018】

初の規定&盗塁王 1963年成績 .254 10本 39打点 50盗塁 盗塁王 ベストナイン サヨナラ男 サヨナラ本塁打1本を含むサヨナラ打2本。

谷繁元信 (2015) 【パワプロ2018】

歴代最多の3021試合出場 2015年成績 .277 1本 4打点 今日の野球盤のリード見て、やっぱ谷繁元信って凄いなあと思いました。 この頃送球はふんわりしてましたが、捕ってから投げるのが凄く速かったですね。阻止率も.385(13-5)と優秀。

高木守道 (1960) 【パワプロ2018】

初打席初本塁打 1960年成績 .192 3本 6打点 杉下茂氏が褒めているように、最初から流れるような守備で天才的だったそう。

高木守道 (1980) 【パワプロ2018】

「王さんが引退したら自分がプロ野球選手で最年長になる。最年長の選手は相応のプレーを見せなければならないが、自分にはそのプレッシャーに耐えられる強さがなかった」 1980年成績 .233 5本 14打点 対左投手E 5本とも右投手から。 ケガしにくさE 晩年欠場…

福田永将 (2019) 【パワプロ2018】

13年目で初の月間MVP 2019年成績 .287 18本 66打点 巨人キラーと秋男はどこ?

堂上直倫 (2019) 【パワプロ2018】

キャリアハイの12本塁打 多分公式はチャンスDでパワーCにすると思う。同じくらいの打席で8本しか打ってないビヤヌエバはパワーBにして。

高橋周平 (2019) 【パワプロ2018】

前半戦首位打者 今日のオールスターが楽しみですね。活躍を期待しましょう。 特になし。まあこんな感じでしょ、ちょっと強いかもしれないけど。

堂上直倫 (2019) 【パワプロ2018】

前半戦で自己最多の7本塁打 「尾張のプリンス」堂上直倫選手です。 今年は神主風打法に取り組み、前半戦で自己最多、チーム2位の7本塁打を放っています。後半戦はもっと出番が増えての二桁本塁打に期待。 2019年前半戦成績 .208 7本 20打点 OPS.731 守備適性…

山口俊 (2009) 【パワプロ2018】

抑え一年目 開幕から、セットアッパーとして一軍に定着。救援で10試合に登板した4月には、投球イニング14回ながら14奪三振、防御率0.64、2勝5ホールドを記録した末に、セントラル・リーグの月間MVPを初めて受賞した。5月以降はクローザーに転向。 2009年成績…

トニ・ブランコ (2009) 【パワプロ2018】

来日即二冠王 前年限りで退団したタイロン・ウッズに代わる助っ人として中日ドラゴンズへ入団。4月3日の横浜ベイスターズとの開幕戦、初打席で三浦大輔からバックスクリーン中段に飛び込むソロ本塁打を放ち、初打席初本塁打を記録。5月7日の対広島東洋カープ…

大竹寛 (2009) 【パワプロ2018】

新たに覚えたチェンジアップを武器に4月28日の対巨人戦で開幕初完封・初勝利[3]。この試合から5月31日の対楽天戦6回途中までセ・リーグ歴代6位となる43イニング連続無失点を記録し、佐々岡真司の持つ30イニング連続無失点の球団記録を更新。5月は月間4勝0敗…

前田健太 (2009) 【パワプロ2018】

初の規定 2009年成績 防御率3.36 8勝 14敗 147奪三振 193投球回

柳裕也 (2019) 【パワプロ2018】

先日ハーラートップの8勝目を挙げた柳投手です。このまま2桁勝利、15勝、最多勝と活躍を続けて貰いたいですね。 成績は全て6月21日終了時点。 2019年度 柳 裕也【中日】投手成績詳細 防御率3.13 8勝 2敗 79奪三振 86.1投球回 1完投 対ピンチB 得点圏被打率.1…

吉見一起 (2009) 【パワプロ2018】

初の最多勝 ストレートで押すことも出来る頃です。 2009年成績 防御率1.996 16勝 7敗 147奪三振 189.1投球回 5完投 4完封 3無四球完投 最多勝

林昌勇 (2009) 【パワプロ2018】

蛇直球 フォームがかっこいい(小並感) 2009年成績 防御率2.05 5勝4敗28セーブ 52奪三振 57登板 57投球回 対左打者E 右サイドの例に漏れず、右.173左.220 ケガしにくさE 最近手術したばかりなのと、疲労から終盤登録抹消するなどコンディションに不安があ…

館山昌平 (2009) 【パワプロ2018】

2009年成績 防御率3.39 16勝6敗 126奪三振 188.1投球回 最多勝 パワプロ2010、プロスピ6を参考。 対左打者E 右.257に対し左に.283と打たれているが、Fにする程ではない ケガしにくさE イメージ的にもそうだが、なんだかんだ毎年離脱している 内角攻め 「プロ…

佐藤孝夫 (1957) 【パワプロ2018】

2リーグ制史上最小本塁打王 22本塁打を放ち、本塁打王を獲得。なお国鉄球団においての日本人打者のシーズン本塁打王はこの年の佐藤が最後でヤクルトになってから2015年に山田哲人が同タイトルを獲得するまで長い期間が経っていた。躍動感溢れるプレーで人気…

欠端光則 (1988) 【パワプロ2018】

白熊クン 重い速球とフォークボールを武器に主に先発投手として活躍し、当時慢性的な投手不足だった大洋のローテーションを支えた。なかでも当時全盛の強さを誇っていた広島東洋カープに強く「カープキラー」の異名をとった。当時、横浜大洋のエースだった遠…

ボブ・ギブソン (1988) 【パワプロ2018】

MLBのレジェンドではなく・・・ 1988年はボルチモア・オリオールズ傘下(当時)のAAA級ロチェスターで開幕をスタートさせたが、5月に故障で退団したテリー・ハーパーに代わる新外国人選手としてNPBのヤクルトスワローズに入団。6月14日の対巨人戦で日本で…