青竹龍尾

パワプロ2018でOB選手を作ってます。

パリーグ

野村克也 (1980) 【パワプロ2018】

生涯一捕手 久しぶりの引退年シリーズです。 1980年成績 .217 4本 14打点 全体的に全盛期から衰えさせた感じです。 対左投手C 代打◯ 4本塁打中2本が左投手から、そしてその2本ともが代打。 クラシックSTATS鑑賞 : 野村克也、全本塁打一覧(後編・1970~1980…

高橋(トンボ)ユニオンズ 【パワプロ2018】

最弱球団 1954年からわずか三年間、パ・リーグの一員として存在した「高橋ユニオンズ」。1957年に「大映スターズ」に吸収合併されて消滅した”幻の球団”にして、通算勝率わずか.344という”最弱球団”だ。(『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』裏表紙より) 登録…

ビクトル・スタルヒン (1955) 【パワプロ2018】

前人未踏の300勝 通算294勝で迎えた1955年。好投すれどもなかなか勝ちが付かなかったが、9月4日に完投勝利で300勝を達成した。 詳しくは『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』を読もう! 1955年成績 防御率3.88 7勝21敗 56奪三振 196.2投球回 .252(111-28) 0本 …

伊藤四郎 (1956) 【パワプロ2018】

四日市商業高校を卒業後、1951年に名古屋ドラゴンズに入団。名古屋(中日)では目立った活躍はできず、1955年にトンボユニオンズに移籍した。1956年、突如として大ブレイク。それまで通算3勝であったにもかかわらず、先発・リリーフにフル回転で21勝を挙げる…

浜崎真二 (1948) 【パワプロ2018】

球界彦左 選手兼任監督として日本プロ野球史上最高齢公式戦出場記録を山本昌に破られるまで、64年間にわたり保持していた。現在でも得点、安打、二塁打、三塁打、打点、盗塁のNPB最年長記録、試合出場、先発出場、打席、登板、先発登板、勝利のパリーグ最年…

佐々木信也 (1956) 【パワプロ2018】

プロ野球ニュース 湘南高校で夏の第31回全国高等学校野球選手権大会に1年生ながら出場し優勝。関東圏の高校が優勝したのは第2回大会の慶應普通部以来33年ぶりで、「深紅の優勝旗が箱根の山を越えた」と話題になった。監督の佐々木久男は彼の父親であった。後…

ドン・ブッサン (1955) 【パワプロ2018】

1955年前年帰国したジミー・マケーブの穴を埋めるために高橋ユニオンズ(トンボ)へ入団。 これは本人自らの強引な売り込みによるものだった。当初は3番を期待された。しかしあまりの確実性のなさから打率が低迷した。また、高橋が弱小球団と言うのもあった…

ジミー・マケーブ (1954) 【パワプロ2018】

1954年にサル・レッカと共に高橋ユニオンズに入団。 大型内野手として期待され、4番ショートに据えられたが、これが全然。ショートの守備は、ポロポロしていて、とても見られたザマではなかったらしい。肝心のバッティングもまるでダメで、打率は2割そこそ…

落合博満 (Switch版) 【パワプロ2018】

先日発売されたNintendo Switch用ソフト「実況パワフルプロ野球」に収録されている落合博満をほぼ再現しました。成績と年齢を1985年のものにしています。 公式のと違う点 ・人気者 表示上無いですが、例の如くマスクデータとして付いてると思うので追加。 ・…

野口二郎 (1946) 【パワプロ2018】

31試合連続安打 皆さんご存知「鉄腕」野口二郎です。 1946年は33登板しつつ外野手として66試合に出場し、当時日本記録の31試合連続安打(8月29日 - 10月26日)を記録した。 この間、31試合131打数48安打で打率.368、二塁打3本、三塁打3本、本塁打0本、15打点…

一言多十 (1946) 【パワプロ2018】

ひとこと・たじゅう 珍名プロ野球選手で有名な選手です。 島田商業学校時代、1937年春・夏、1938年春は外野手として、1939年春からはエースとして4季連続、計7回甲子園に出場。1940年夏準優勝。夏の大会では1939年の準決勝、1940年の決勝で2年続けて、嶋清一…

森本学 (2009) 【パワプロ2018】

まなぶじゃないよ!さとるだよ!! シダックスから入団し内野のユーティリティープレイヤーとして活躍。 2009年は開幕戦で松田宣浩の骨折で途中出場。その後も勝負強い打撃を買われスタメンに定着した。松田の復帰後は年間を通じて内野手のバックアップ要員…

SBM (2009) 【パワプロ2018】

羨望の7回・絶望の8回・希望の9回 2009年ソフトバンクホークス勝利の方程式です。作っている人もいて有名なので、まとめて紹介します。 攝津→ファルケンボーグ→馬原のリレーが姉妹会社の「ソフトバンクモバイル」にあやかって「SBM」と呼ばれるようになり、6…

ダルビッシュ有 (2009) 【パワプロ2018】

巨人との日本シリーズで、あのカーブ主体の投球をした年です。 2009年成績 防御率1.73 15勝 5敗 167奪三振 182投球回 WHIP0.90 MVP 最優秀防御率 最高勝率 最優秀投手 ベストナイン 月間MVP 5球種 2009のダルビッシュ、スライダー21.6%、カーブ11.1%、カット…

涌井秀章 (2009) 【パワプロ2018】

沢村賞 個人的に好きな投手の一人です。 毎回奪三振と全員奪三振を同時達成したのが史上初だったのが衝撃的でした。 2009年成績 防御率2.30 16勝6敗 199奪三振 211.1投球回 沢村賞 最多勝 ゴールデングラブ賞 月間MVP 最優秀バッテリー賞 主にプロスピ6を参…

山田久志 (1988) 【パワプロ2018】

去る山田久志 1988年成績 防御率4.88 4勝10敗 43奪三振 118投球回 5完投 1完封 スラーブ スライダーはカーブのように大きく曲がりあまり使えず 対左打者F 弱くするため。本人も左は右ほど抑える自信なかったと言ってたし 一発 被本塁打率1.53 球速遅めなのと…

河野博文 (1988) 【パワプロ2018】

ゲンちゃん 先発・リリーフ兼任で防御率2.38の好成績で最優秀防御率を獲得した。 1988年成績 防御率2.38 6勝5敗9セーブ 111奪三振 144投球回 最優秀防御率 内角攻め 高沢秀明が内角の球が印象的だったと

小川博 (1988) 【パワプロ2018】

パ・リーグ初の奪三振率9超え、最多奪三振のタイトル創設のきっかけ 25試合先発を含め31試合に登板して203回2/3イニングを投げ、10勝9敗・防御率3.40の成績を残し、両リーグ最多の204奪三振を記録した。規定投球回数以上の投手で奪三振が投球回数を上回った…

森山良二 (1988) 【パワプロ2018】

打者としての素質にも定評があったが投手となり、1年目の1987年の自主トレーニングの段階から優れた身体能力を発揮し、森祇晶監督にはバランス能力の高さを評価されている。9月10日に一軍初登板を果たすと10月13日にはプロ初先発で初勝利を挙げた。同年の日…

ジム・ドゥール (1954) 【パワプロ2018】

この年創設された新球団高橋ユニオンズに入団。7月18日の東映フライヤーズ戦で初勝利。3勝のうち2勝を完封で飾る活躍を見せるが、8月26日に"右肩痛"を理由として突然帰国。実際はドゥールの本職はハワイの学校の教員であり夏休みを利用した2カ月の短期契約で…

松永浩美 (1988) 【パワプロ2018】

史上最高のスイッチヒッター 自己最高の打率.326を記録し、初のベストナイン。高沢秀昭との首位打者争いで敬遠作戦に遭い、11打席連続四球、10打席連続敬遠四球、1試合4敬遠四球(ダブルヘッダーで2試合連続)の日本記録となる。松永は最終打席で、到底届か…

福良淳一 (1988) 【パワプロ2018】

ザ・二番セカンド 1988年は読売ジャイアンツへ移籍した簑田浩二の後を継ぐ形で背番号が1に変更された。オールスターゲームに初めて出場し、7月30日の対西武戦では山根和夫からサヨナラ満塁本塁打を放った。同月は打率.328、5打点ながらこの本塁打が評価され…

松浦宏明 (1988) 【パワプロ2018】

ゼロ戦のマツ 船橋法典高校では外野手だったが、2年生時に投手に抜擢。千葉県屈指の本格派投手として注目され、1984年夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、成田高に1-0で惜敗する。高校時代は打者としても打順が四番で、通算46本塁打を記録している。同年…

タイラー・リー・バンバークレオ (1988) 【パワプロ2018】

AKB砲 1987年シーズン途中に西武ライオンズに入団。長身に加え、甘いマスクで、家族共に日本入りした姿が野球ファンの間で話題になった。登録名は最初はバンバークレオであったが、すぐにバークレオに変更されている。 西武入団1年目は外国人枠の関係もあり…

石毛宏典 (1988) 【パワプロ2018】

昭和最後の日本シリーズMVP 本日は平成最後の昭和の日ということで昭和最後の日本シリーズMVP石毛宏典です。 ここで説明することはないと思いますが、一つ言うなら三塁手って事くらいですかね。 日本シリーズの成績は18打数7安打の打率3割8分9厘3本塁打6打点…

高沢秀昭 (1988) 【パワプロ2018】

首位打者 4月は打率2割台前半と低迷したが、5月5日に猛打賞で3割を超えるとその後は好調を持続。オールスターゲーム第3戦で史上4人目の先頭打者本塁打を放ち、優秀選手賞を受賞した。9月1日の対南海戦からは不振のビル・マドロックに代わって4番を任された。…

門田博光 (1988) 【パワプロ2018】

不惑の大砲 説明不要! 1988年成績 .311(447-139) 44本 125打点 MVP 本塁打王 打点王 ベストナイン デフォにあるので変更点を ミート 自分の査定基準だとこう。特能増やしたしいいでしょう。パワーはたまたま同じになっただけ。 ケガしにくさE この年は全試…

ベン・オグリビー (1988) 【パワプロ2018】

メジャーリーグの本塁打王と言う肩書きを引っ下げ、1987年に近鉄バファローズに鳴り物入りで入団。来日38歳と選手としては高齢な事から衰えを心配されたが、2年連続3割、本塁打20本と安定した成績を残し、一定の存在感を示した。1988年シーズン限りで退団、…

田中将大 (2007) 【パワプロ2018】

「マー君、神の子、不思議な子」 田中将大投手のルーキーイヤーです。皆さんご存知だと思うので説明は不要でしょう。 2007年成績 防御率3.82 11勝7敗 196奪三振(9.47) 新人王 基本的に当時のパワプロ、プロスピを参考にしました。 スライダー 当時のパワプロ…

斉藤和巳 (2007) 【パワプロ2018】

2007年3月24日のオリックス戦で、昨年に続き2年連続4度目の開幕投手を務めるも勝敗は付かず、チームは敗れた。4月26日、右肩の筋疲労で二軍落ちとなった。7月に復帰するも、10日以上の間隔を空けて登板した。監督の王は「本来の投球は来年からでいい。ただ存…