青竹龍尾

パワプロ2018でOB選手を作ってます。

パリーグ

ジム・ドゥール (1954) 【パワプロ2018】

この年創設された新球団高橋ユニオンズに入団。7月18日の東映フライヤーズ戦で初勝利。3勝のうち2勝を完封で飾る活躍を見せるが、8月26日に"右肩痛"を理由として突然帰国。実際はドゥールの本職はハワイの学校の教員であり夏休みを利用した2カ月の短期契約で…

松永浩美 (1988) 【パワプロ2018】

史上最高のスイッチヒッター 自己最高の打率.326を記録し、初のベストナイン。高沢秀昭との首位打者争いで敬遠作戦に遭い、11打席連続四球、10打席連続敬遠四球、1試合4敬遠四球(ダブルヘッダーで2試合連続)の日本記録となる。松永は最終打席で、到底届か…

福良淳一 (1988) 【パワプロ2018】

ザ・二番セカンド 1988年は読売ジャイアンツへ移籍した簑田浩二の後を継ぐ形で背番号が1に変更された。オールスターゲームに初めて出場し、7月30日の対西武戦では山根和夫からサヨナラ満塁本塁打を放った。同月は打率.328、5打点ながらこの本塁打が評価され…

松浦宏明 (1988) 【パワプロ2018】

ゼロ戦のマツ 船橋法典高校では外野手だったが、2年生時に投手に抜擢。千葉県屈指の本格派投手として注目され、1984年夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、成田高に1-0で惜敗する。高校時代は打者としても打順が四番で、通算46本塁打を記録している。同年…

タイラー・リー・バンバークレオ (1988) 【パワプロ2018】

AKB砲 1987年シーズン途中に西武ライオンズに入団。長身に加え、甘いマスクで、家族共に日本入りした姿が野球ファンの間で話題になった。登録名は最初はバンバークレオであったが、すぐにバークレオに変更されている。 西武入団1年目は外国人枠の関係もあり…

石毛宏典 (1988) 【パワプロ2018】

昭和最後の日本シリーズMVP 本日は平成最後の昭和の日ということで昭和最後の日本シリーズMVP石毛宏典です。 ここで説明することはないと思いますが、一つ言うなら三塁手って事くらいですかね。 日本シリーズの成績は18打数7安打の打率3割8分9厘3本塁打6打点…

高沢秀昭 (1988) 【パワプロ2018】

首位打者 4月は打率2割台前半と低迷したが、5月5日に猛打賞で3割を超えるとその後は好調を持続。オールスターゲーム第3戦で史上4人目の先頭打者本塁打を放ち、優秀選手賞を受賞した。9月1日の対南海戦からは不振のビル・マドロックに代わって4番を任された。…

門田博光 (1988) 【パワプロ2018】

不惑の大砲 説明不要! 1988年成績 .311(447-139) 44本 125打点 MVP 本塁打王 打点王 ベストナイン デフォにあるので変更点を ミート 自分の査定基準だとこう。特能増やしたしいいでしょう。パワーはたまたま同じになっただけ。 ケガしにくさE この年は全試…

ベン・オグリビー (1988) 【パワプロ2018】

メジャーリーグの本塁打王と言う肩書きを引っ下げ、1987年に近鉄バファローズに鳴り物入りで入団。来日38歳と選手としては高齢な事から衰えを心配されたが、2年連続3割、本塁打20本と安定した成績を残し、一定の存在感を示した。1988年シーズン限りで退団、…

田中将大 (2007) 【パワプロ2018】

「マー君、神の子、不思議な子」 田中将大投手のルーキーイヤーです。皆さんご存知だと思うので説明は不要でしょう。 2007年成績 防御率3.82 11勝7敗 196奪三振(9.47) 新人王 基本的に当時のパワプロ、プロスピを参考にしました。 スライダー 当時のパワプロ…

斉藤和巳 (2007) 【パワプロ2018】

2007年3月24日のオリックス戦で、昨年に続き2年連続4度目の開幕投手を務めるも勝敗は付かず、チームは敗れた。4月26日、右肩の筋疲労で二軍落ちとなった。7月に復帰するも、10日以上の間隔を空けて登板した。監督の王は「本来の投球は来年からでいい。ただ存…

稲尾和久 (1969) 【パワプロ2018】

1969年成績 2.78 1勝7敗 変化球 稲尾 和久(1961年) - パワプロOB選手査定(100段階査定ver. 4球種の方がぽいかなと、詳しくは上を見てください。 負け運 流石に負けすぎ

稲尾和久 (1956) 【パワプロ2018】

パ・リーグ記録の防御率1.06という成績を残して最優秀防御率と新人王のタイトルを獲得 1956年成績 1.06 21勝6敗 182奪三振 新人王 最優秀防御率 高速シンカー 沈む(落ちる)シュート 対左投手C よくわからないが、デフォにBがついてるので1段階落として …

杉浦忠 (1970) 【パワプロ2018】

1970年成績 2.75 1勝1敗 球速 わかんない。奪三振がかなり減ったので大幅に遅くした ケガしにくさE 血行障害。結構投げているのでFではないかなと 回復F 血行障害。二日連続登板無し 一発 4被本塁打。被本塁打率1.01 お詫び フォームをアンダースローにす…

杉浦忠 (1958) 【パワプロ2018】

「史上最強のアンダースロー」杉浦忠の1年目です。 1958年成績 2.05 27勝12敗 215奪三振 新人王 球速 例の球速解析から クイックF ランナーが出てもいないときと同じテンポで投げていたらしい クロスファイヤー そんな感じ

張本勲 (1981) 【パワプロ2018】

引退シリーズ第三弾です。今回は正直あんま面白くない。 1981年成績 .219(160-35) 3本 16打点 守備 二年間守ってないので、思いっきり下げました。 チャンスF .184 対左投手E 左投手から本塁打なし。一年目もそうでしたが、キャリア全体的に少ない。ちなみ…

張本勲 (1959) 【パワプロ2018】

今回は新人時代の張本勲です。 1959成績 .275(418-115) 13本 57打点 新人王 基礎能力 走力は40盗塁したこともあるんで高く、肩力は補殺もそこそこあって、高校まで投手なのでそれなりに。 守備力と捕球はわかるよね。一応刺殺が多い年もあるから守備はそれな…

サル・レッカ (1954) 【パワプロ2018】

高橋ユニオンズの外国人捕手サル・レッカです。 メジャーリーグの経験は無いものの、1946年にはヤンキース傘下で3A級のニューアーク・ベアーズでプレーした。1954年にジミー・マケーブと共に高橋ユニオンズに入団。主にクリーンナップを任され、打率は低いな…

関口清治 (1954) 【パワプロ2018】

西鉄ライオンズ不動の五番打者、関口清治外野手です。 1954年成績 .276(493-136) 27本 87打点 ベストナイン 対変化球◯ 現役時代は「カーブ打ちの名手」といわれ、入団間もない豊田泰光(彼はカーブ打ちがとても苦手だった)が教えを乞うたところ、「ゼニもっ…

鈴木武 (1954) 【パワプロ2018】

近鉄パールスの鈴木武遊撃手です。 パ・リーグ最多の44失策を記録するものの、71盗塁を記録し盗塁王を獲得する。鈴木はスパイクシューズに出資を惜しまず、バッグの中には晴天用と雨天用の2種類のスパイクを常備していた。当時の南海ホークス監督・鶴岡一人…

日下隆 (1954) 【パワプロ2018】

近鉄パールスの日下隆外野手です。 1954年には近鉄の野手で初めてオールスターゲームに出場。47試合に四番打者として起用され、自己最高の打率.296を記録し、ベストテン6位に喰い込む。同年の23補殺は外野手最多補殺日本記録。 1953年にキャリア唯一の本塁打…

飯田 徳治 (1954) 【パワプロ2018】

「仏の徳さん」、飯田徳治一塁手です。 一塁守備でのワンバウンド送球に対するグラブ捌きは、戦前の名一塁手・中河美芳の跡を継ぐ「タコ足二世」と呼ばれた。ショートバウンドの処理は抜群で、それまであまり問題にされなかった一塁手の守りの重要性を飯田は…

別当 薫 (1954) 【パワプロ2018】

「球界の紳士」と呼ばれた別当薫外野手です。 1950年には打率.335、43本塁打、105打点を記録して本塁打王、打点王を獲得、更にはシーズン20回の猛打賞(球団記録)。パ・リーグ初代MVPにも選出され、第1回の日本シリーズ(対松竹戦)でも打率.500、3打点でこ…

木塚 忠助 (1954) 【パワプロ2018】

その強肩ぶりは「バカ肩」と呼ばれ、「イダ天」とも称された俊足と相まって人気が高かった木塚忠助遊撃手です。 守備は堅実というより華麗、守備範囲が広いうえに送球への流れの中で捕球し、矢のような球を投げた。 1954年成績 .253(443-112) 7本 30打点 37…

森下 正弘 (1954) 【パワプロ2018】

1952年に南海へ入団。「百万ドルの内野陣」のうち、飯田徳治・蔭山和夫・木塚忠助らがまだ現役だったが、二塁手・三塁手・遊撃手などをこなせるユーティリティープレイヤーだったこともあり、1年目から一軍で起用される。1953年には主に遊撃手として46試合に…

梶本 隆夫 (1954) 【パワプロ2018】

高卒ルーキー1年目にして開幕投手に指名され勝利投手。球宴までに12勝を挙げ、ファン投票で1位で選ばれる。同年は55試合に登板し20勝を挙げるも、新人王争いは宅和本司(南海)に敗れる。ルーキーで20勝しながら新人王に選ばれなかったのは、現在も梶本ただ…

チャーリー・ルイス (1954) 【パワプロ2018】

1954年に毎日オリオンズに入団し、来日。 1954年・1955年と2年連続でオールスターゲームに出場し、同じく2年連続でベストナインにも輝いた。純粋な外国人捕手でベストナインのタイトルを獲得したのはルイスだけである(日系人を含めると広田順がベストナイン…

ラリー・レインズ (1954) 【パワプロ2018】

阪急ブレーブス所属、「黒い稲妻」「黒いハヤブサ」ラリー・レインズです。 1954年は2年連続でオールスターに出場し、首位打者のタイトルを獲得し、遊撃手のベストナインにも選出された。 1954年成績 .337(546-184) 18本 96打点 首位打者 最多安打 ベストナ…

山内 和弘 (1954) 【パワプロ2018】

プロ三年目で初の規定打席に到達し、毎日オリオンズの四番打者として、パリーグ打点王に輝いた山内和弘外野手です。 1954年成績 .308(504-155) 28本 97打点 出塁率.404 13盗塁(.765) 打点王 最高出塁率 ベストナイン 背ネーム忘れてますね、各自設定お願いし…

大下 弘 (1954) 【パワプロ2018】

続いて西鉄ライオンズの大下弘選手です。 4番打者としてチームをリーグ優勝に導き、MVPに輝いた。 1954年成績 .321(514-165) 22本 88打点 11盗塁(.550) MVP ベストナイン