青竹龍尾

パワプロ2018でOB選手を作ってます。

外野手

張本勲 (1964) 【パワプロ2020】

パワナンバー:11000 30119 88545 対左投手F 左投手からは本塁打1本のみ。 プルヒッター 流し打ち パワプロ村さんリスペクト。 固め打ち 猛打賞14回。 バント○ 内野安打○ セーフティバント。

柴田勲 (1964) 【パワプロ2020】

パワナンバー:11400 60242 36387 弾道2 本塁打以外の長打が少ない。 対左投手A 左投手から9本塁打。 プルヒッター 本人曰く流し打ちが苦手で内野安打も少なかったそう。

土井正博 (1964) 【パワプロ2020】

パワナンバー:11700 80223 57951

山内一弘 (1964) 【パワプロ2020】

パワナンバー:11900 50143 55387

土井正博 (1967) 【パワプロ2020】

パワナンバー:11400 10239 75399 対左投手F 左投手からホームランが1本だけ。 クラシックSTATS鑑賞 : 土井正博、全本塁打一覧(前編・1962~1969)|本塁打大全 初球○ 積極打法 成績的にもそんな感じだし、コーチとしてそんな感じのこと言ってる。 人気者 …

広瀬叔功 (1964) 【パワプロ2020】

パワナンバー:11300 70278 49537 対左投手C 左投手から3本。当時のパリーグに左投手は15%くらいしかいない。 クラシックSTATS鑑賞 : 広瀬叔功、全本塁打一覧|本塁打大全 ケガしにくさE 腱鞘炎。打席に立たない試合が多い。 走塁A 積極走塁 盗塁だけでな…

大下弘 (1951) 【パワプロ2020】

パワナンバー:11600 30129 44361 KONAMIの嫌がらせで背ネームが変わってしまっているので各自修正お願いします。 差別化の意味もあって1946年と結構違う。 弾道3 広角打法 ラインドライブ 1947年に川上哲治を参考にして広角打法に改造。その結果打球がライ…

大下弘 (1946) 【パワプロ2020】

パワナンバー:11400 90159 17926 KONAMIの嫌がらせで背ネームが変わってしまっているので各自修正お願いします。 対左投手F 左投手が苦手らしい。 対変化球×欲しい。

山内和弘 (1960) 【パワプロ2020】

パワナンバー:11600 50132 51015 弾道3 ラインドライブ 積極走塁 「いかに守備の間を抜くライナーを放ち、単打でも次の塁をうかがうか、という意識を常に持っていた」(プロ野球データファイル100号) チャンスB Aにするほどではないかなと思う。 ケガし…

江藤慎一 (1964) 【パワプロ2020】

パワナンバー:11500 00071 02054 大体は江藤慎一 (1965)参照。 走力 少し下げ。流石にCではないかな。 送球E 守備が悪いというだけ。 回復B ケガしにくさと同じで連続試合出場から。13試合スタメンじゃないのが気になる。 積極打法 四球が多くないのと…

中島治康 (1938) 【パワプロ2018】

日本プロ野球史上初の三冠王 パワー 秋期だけならAだけど春期を含めるとこのくらいかな。 走力 100メートルを11.2秒程で走る俊足。100メートル走の基準はよくわからないが、B日するほどではないがC前半だと俊足感がないのでこのくらいに。 肩力 強肩との…

小鶴誠 (1949) 【パワプロ2018】

1950年ばかりでつまらないのでその前年。この年も好成績ですし、なにより「らしい」のではないでしょうか。 弾道3 1950年の51本塁打の印象が強いですが、それ以外は20本すらこの年だけなので、本来は中距離バッターだと思います。 走塁B リーグ七位の三塁…

堀尾文人 (1939) 【パワプロ2018】

日本プロ野球スイッチヒッター第1号 両打 Wikipediaで情報が錯綜してますが、職業野球!実況中継さんなどを見る限り、どちらの打席にも立っていたこと自体には間違いなさそうなので。 弾道 パワー 本塁打7本は鶴岡(10本)、景浦(9本)に次ぐ3位。 走力 快…

鈴木尚典 (1999) 【パワプロ2018】

緒方孝市 (1999) 【パワプロ2018】

大友進 (1999) 【パワプロ2018】

タフィ・ローズ (1999) 【パワプロ2018】

秋山幸二 (1999) 【パワプロ2018】

谷佳知 (1999) 【パワプロ2018】

江藤慎一 (1965) 【パワプロ2018】

打撃 当時はかなり打低だから盛り盛り。 走力 内野安打や盗塁から高めに。 守備 守備得点がね。 チャンスF 打点が少ない。 対左投手B 29本中9本が左投手から。当時左投手は全体の5分の1程だったので、単純計算でほぼ倍のペース。 ケガしにくさD この年ま…

和田一浩 (2015) 【パワプロ2018】

baseballdata.jp nf3.sakura.ne.jp 守備走塁の数値などプロスピ2015シーズン終了後アプデから。 チャンスF ダメ押し 得点圏.215(65-14)3本リード時得点圏.273(22-6)2本リード時全体.343(67-23)2本 2015年度版 和田 一浩【中日】打撃成績詳細 ケガしにくさD…

ジーン・マーチン (1974) 【パワプロ2018】

肩力 http://www2.plala.or.jp/ippeifuji/gaikoku/dragons02.htmに肩が弱いと書かれているが、他には肩についての情報がなく、補殺がそこそこなのでそれなりに。本当に肩が弱かったら逆に「肩は弱いが送球はよかった」とか書かれそうなものだが。 守備力 当…

ゲーリー・レーシッチ (1988) 【パワプロ2018】

チャンスF 得点圏.253 逆境〇 でも勝利打点は11としっかり勝利に貢献。 ケガしにくさF 打撃改造で慣れないフォームで打っていたためか前年から右脇腹を痛めてオフに退団。 プルヒッター 流し打ち 「主に引っ張り中心の打撃で、つまった時ぐらいしかレフト方…

彦野利勝 (1988) 【パワプロ2018】

チャンスB 得点圏.322 バント〇 2桁犠打より。チームプレイ〇だったか?

2010年中日ドラゴンズ野手詰め合わせ 【パワプロ2018】

得点圏は2010年得点圏 - ほのかのへや対左投手はhttp://nf3.sakura.ne.jp/php/stat_disp/stat_disp.php?y=2010&leg=0&tm=D&fp=0&dn=1&dk=0をご覧ください。 小田幸平 小山桂司 岩﨑達郎 ディオニス・セサル 堂上剛裕 小池正晃 英智 藤井淳志 松井雅人 福田永…

野本圭 (2010) 【パワプロ2018】

チャンスC .250 初球〇 .327(55-18)1本 迷いましたが打率が1.5倍なのでいいんじゃないでしょうか。あと「打の野本」らしさもあるし。 満塁男 .667(6-4)

大島洋平 (2010) 【パワプロ2018】

対左投手B .308 流し打ち 逆方向の安打が一番多い。 - nf3 - Baseball Data House 中日 - 打撃成績 32 大島洋平 - 内野安打〇 内野安打16本 調子極端 隔年のイメージ。 慎重打法 2ストライクまでいったのが164打席と多いことがスカウティングレポートで指摘…

和田一浩 (2010) 【パワプロ2018】

走力 デフォは遅すぎる。ブランコや直倫よりは速いと思う。 守備力 守備も上手だったと思うのでこれもデフォ低い。比較対象がラミレスや金本だけど守備指標もいい。 http://archive.baseball-lab.jp/column_detail/&id=60より チャンスF 得点圏打率.270 盗塁…

高橋由伸 (1999) 【パワプロ2018】

チャンスB .361 初球〇 0-0 .508 63-32 101-0 .286 63-18 52-0 .600 10-63-0 .250 4-1 満塁男 .400 15-6 3

松井秀喜 (1999) 【パワプロ2018】

チャンスF .262 プルヒッター 左 14安打4本 中 37安打10本右 79安打28本 初球〇 0-0 .405 37-15 61-0 .400 35-14 82-0 .412 17-7 43-0 .500 2-1