青竹龍尾

パワプロ2018でOB選手を作ってます。

このブログについて。

このブログの予定は以下の通りです。 以下をパワプロ2018で再現選手を作ります。 1954年の中日ドラゴンズ 同セ・リーグオールスター+タイトルホルダー+α 同パ・リーグ その他OB選手 とりあえずはこんなところです。 僕は毎日更新もしませんし、上記を完…

ジム・ドゥール (1954) 【パワプロ2018】

この年創設された新球団高橋ユニオンズに入団。7月18日の東映フライヤーズ戦で初勝利。3勝のうち2勝を完封で飾る活躍を見せるが、8月26日に"右肩痛"を理由として突然帰国。実際はドゥールの本職はハワイの学校の教員であり夏休みを利用した2カ月の短期契約で…

広沢克己 (1988) 【パワプロ2018】

キャリア唯一の30本 イケトラコンビのトラ。 1988年成績 .288(496-143) 30本 80打点 ベストナイン 広角打法 引っ張り、センター方向とも9本で逆方向はなんと12本でリーグトップ 逆境◯ 7回以降の得点圏打率.455 勝利打点少ないのでダメ押しの可能性もあるが、…

池山隆寛 (1988) 【パワプロ2018】

ブンブン丸元年、初の30本 イケトラコンビのイケ。 1988年成績 .254(504-128) 31本 81打点 ベストナイン チャンスB 得点圏打率.299 サヨナラ男 サヨナラ本塁打1本を含むサヨナラ打4本 逆方向に8本打っているので広角付けるか迷いましたが今回はなしで。公式…

石川克彦 (1954) 【パワプロ2018】

アウトローへの制球は天下一品。21勝で初優勝に貢献 岡崎高校ではエースとして活躍。1951年夏の甲子園県予選では準々決勝で時習館高に敗退、甲子園には出場できなかった。高校同期に小沢重光、1年下に井上登がおり、いずれもプロ野球で同僚となる。 1952年に…

市川和正 (1988) 【パワプロ2018】

忍者打法ー東の市川 トリックプレーを数多く実践し、時には審判の目をも欺くことから「球界の詐欺師」の異名をとった。同様にトリックプレーの達人として知られた達川光男とは「東の市川、西の達川」と呼ばれ、しばしば比較された。ハーフスイングをごまかす…

達川光男 (1988) 【パワプロ2018】

グラウンドの詐欺師ー西の達川 1988年成績 .261(383-100) 6本 38打点 ベストナイン ゴールデングラブ賞 チャンスA 得点圏打率リーグトップの.356 送球B 盗塁阻止率.425 流し打ち 山内一弘の指導で右打ちを磨き、安打を通算で左方向に279本、中方向に230本、…

ビル・ガリクソン (1988) 【パワプロ2018】

MLB通算162勝 有名な選手なので省略。 1988年成績 防御率3.10 14勝9敗 203.1投球回 134奪三振 14完投 SFF 桑田に教えたらしいよ。 打たれ強さB 打たれても淡々と投げてた。 球持ち◯、緩急◯ 遅いリリースポイントからストレートを活かす投球。 調子極端 開幕4…

ダグ・デシンセイ (1988) 【パワプロ2018】

東京ドーム第1号本塁打 1970年のMLBドラフト3巡目でボルチモア・オリオールズに指名され契約。1973年9月9日の対クリーブランド・インディアンス戦(クリーブランド・スタジアム)の7回表にブルックス・ロビンソンの代走として出場しメジャーデビューを果たす…

銚子利夫 (1988) 【パワプロ2018】

銚子高校の銚子くん 元来内野手だったが、市立銚子高校2年生の秋に投手に転向。1979年の夏の甲子園にエースで4番として同校を初出場に導くも、初戦で敗退した。同年秋のドラフトで近鉄バファローズから4位指名を受けたが、拒否した。 法政大学に進学し再び内…

正田耕三 (1988) 【パワプロ2018】

二年連続首位打者 1988年は春先に外傷性肩峰下滑液包炎を発症し、さらにこれがきっかけで同僚の高橋慶彦との間にトラブルが起きた。この肩痛のため5月12日から2週間にわたり一軍登録を抹消されたが、筋力トレーニングによるリハビリによって復帰。ともに2年…

松永浩美 (1988) 【パワプロ2018】

史上最高のスイッチヒッター 自己最高の打率.326を記録し、初のベストナイン。高沢秀昭との首位打者争いで敬遠作戦に遭い、11打席連続四球、10打席連続敬遠四球、1試合4敬遠四球(ダブルヘッダーで2試合連続)の日本記録となる。松永は最終打席で、到底届か…

福良淳一 (1988) 【パワプロ2018】

ザ・二番セカンド 1988年は読売ジャイアンツへ移籍した簑田浩二の後を継ぐ形で背番号が1に変更された。オールスターゲームに初めて出場し、7月30日の対西武戦では山根和夫からサヨナラ満塁本塁打を放った。同月は打率.328、5打点ながらこの本塁打が評価され…

松浦宏明 (1988) 【パワプロ2018】

ゼロ戦のマツ 船橋法典高校では外野手だったが、2年生時に投手に抜擢。千葉県屈指の本格派投手として注目され、1984年夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、成田高に1-0で惜敗する。高校時代は打者としても打順が四番で、通算46本塁打を記録している。同年…

ルパート・ジョーンズ (1988) 【パワプロ2018】

ゼロゼロ怪人 1988年シーズン途中、ランディ・バースの帰国に伴って外国人選手を探していた阪神タイガースに入団。ビザの関係で初出場はオールスター明けの7月末であった。バース並の成績を期待されたが、メジャーとマイナーを通じても通算5試合しか経験のな…

タイラー・リー・バンバークレオ (1988) 【パワプロ2018】

AKB砲 1987年シーズン途中に西武ライオンズに入団。長身に加え、甘いマスクで、家族共に日本入りした姿が野球ファンの間で話題になった。登録名は最初はバンバークレオであったが、すぐにバークレオに変更されている。 西武入団1年目は外国人枠の関係もあり…

石毛宏典 (1988) 【パワプロ2018】

昭和最後の日本シリーズMVP 本日は平成最後の昭和の日ということで昭和最後の日本シリーズMVP石毛宏典です。 ここで説明することはないと思いますが、一つ言うなら三塁手って事くらいですかね。 日本シリーズの成績は18打数7安打の打率3割8分9厘3本塁打6打点…

高沢秀昭 (1988) 【パワプロ2018】

首位打者 4月は打率2割台前半と低迷したが、5月5日に猛打賞で3割を超えるとその後は好調を持続。オールスターゲーム第3戦で史上4人目の先頭打者本塁打を放ち、優秀選手賞を受賞した。9月1日の対南海戦からは不振のビル・マドロックに代わって4番を任された。…

カルロス・ポンセ (1988) 【パワプロ2018】

本塁打王と2年連続の打点王の二冠王 最近YouTubeのチャンネルを開設した、ポンセ氏です。みんな登録しよう!と言うわけで、今回はよくある1987年ではなく33本塁打、102打点で初めて本塁打王のタイトルを獲得し、2年連続で打点王、ベストナインに選ばれた1988…

原辰徳 (1988) 【パワプロ2018】

東京ドーム元年 東京ドームに移転して、総本塁打数前年の後楽園の125本から75本と1試合あたり1本近く減った中での31本は流石。ちなみに原個人も前年後楽園での17本から10本に減らしているので、移転しなければ40本近く打ったかも? 1988年成績 .300(467-140)…

中山裕章 (1988) 【パワプロ2018】

救援登板のみで規定投球回到達 リーグ最多の70試合に登板して10勝6敗24セーブ34セーブポイント・防御率2.28の成績を挙げ、中日ドラゴンズ・郭源治やロッテオリオンズ・牛島和彦に並んで「プロ野球を代表するストッパー」とうたわれた。同年は救援投手ながら…

郭源治 (1988) 【パワプロ2018】

44セーブポイントを挙げ、MVPに選出 6月には1勝8セーブ、防御率0.00の活躍で初の月間MVPを獲得している。一方、7月21日に弟が交通事故にあい、オールスターゲーム第2、3戦の出場を辞退して見舞ったが同28日に亡くなっている。後半戦の開幕戦となった翌日、完…

伊東昭光 (1988) 【パワプロ2018】

リリーフのみ、規定投球回数未到達で最多勝本田技研在籍時の1984年にエースとしてロサンゼルスオリンピック野球日本代表に参加し、金メダルを獲得する。1985年の日本選手権では本田技研の初優勝に貢献し、自身は4試合で完投し、防御率0.79の好成績を残し、MV…

門田博光 (1988) 【パワプロ2018】

不惑の大砲 説明不要! 1988年成績 .311(447-139) 44本 125打点 MVP 本塁打王 打点王 ベストナイン デフォにあるので変更点を ミート 自分の査定基準だとこう。特能増やしたしいいでしょう。パワーはたまたま同じになっただけ。 ケガしにくさE この年は全試…

山本昌広 (1988) 【パワプロ2018】

スクリューを習得し、優勝に貢献 皆さんご存知山本昌の若かりしです。(このときはまだ山本昌ではないが)この年はわずか1ヶ月で初勝利を含む5勝を記録して優勝に貢献。22年後にも似たようなことをするのですがそれは別の話。 1988年成績 防御率0.55 5勝0敗 …

ベン・オグリビー (1988) 【パワプロ2018】

メジャーリーグの本塁打王と言う肩書きを引っ下げ、1987年に近鉄バファローズに鳴り物入りで入団。来日38歳と選手としては高齢な事から衰えを心配されたが、2年連続3割、本塁打20本と安定した成績を残し、一定の存在感を示した。1988年シーズン限りで退団、…

田中将大 (2007) 【パワプロ2018】

「マー君、神の子、不思議な子」 田中将大投手のルーキーイヤーです。皆さんご存知だと思うので説明は不要でしょう。 2007年成績 防御率3.82 11勝7敗 196奪三振(9.47) 新人王 基本的に当時のパワプロ、プロスピを参考にしました。 スライダー 当時のパワプロ…

斉藤和巳 (2007) 【パワプロ2018】

2007年3月24日のオリックス戦で、昨年に続き2年連続4度目の開幕投手を務めるも勝敗は付かず、チームは敗れた。4月26日、右肩の筋疲労で二軍落ちとなった。7月に復帰するも、10日以上の間隔を空けて登板した。監督の王は「本来の投球は来年からでいい。ただ存…

宇野勝 (1988) 【パワプロ2018】

立浪入団で「二塁」宇野勝 1988年に立浪和義が入団すると前年のベストナインでありながら遊撃のポジションを立浪に譲り、ロッテに移籍するまで二塁手、三塁手としての出場が多くなった。同年の西武との日本シリーズでは全5試合に二塁手、五番打者として出場…

稲尾和久 (1969) 【パワプロ2018】

1969年成績 2.78 1勝7敗 変化球 稲尾 和久(1961年) - パワプロOB選手査定(100段階査定ver. 4球種の方がぽいかなと、詳しくは上を見てください。 負け運 流石に負けすぎ