青竹龍尾

パワプロ2018でOB選手を作ってます。

堂上直倫 (2019) 【パワプロ2018】

前半戦で自己最多の7本塁打

尾張のプリンス」堂上直倫選手です。

今年は神主風打法に取り組み、前半戦で自己最多、チーム2位の7本塁打を放っています。後半戦はもっと出番が増えての二桁本塁打に期待。

 

2019年前半戦成績

.208 7本 20打点 OPS.731

 

f:id:Harumaki_0924:20190711214302j:plain

f:id:Harumaki_0924:20190711214307j:plain

f:id:Harumaki_0924:20190711214312j:plain

 

守備適性

ここ3年二塁での出場がメイン。三塁は今年守ってないのと通算で守備率が低いのでレベル6。

打撃

116打席101打数で7本塁打。これは村上宗隆や鈴木誠也以上のペース。なぜこんなに打っているのに使われないのか。打率は低いけど長打率OPSもチーム上位なのに。

守備走塁

走力Cは流石に違うと思ったのでD、捕球も今年は少し失策が多めなので微減。肩守備はデフォがいい感じだと思った。

チャンスB

得点圏打率は.222だが27打数4本塁打が効いて長打率.704、OPS.980と、得点圏直倫は実質山田哲人

対左投手C

得点圏と逆に対左投手打率は.243だが、OPS.777とあまり高くない。

盗塁D 慎重盗塁

直倫はほとんど盗塁はしないが、前述しましたがデフォでは守備の動きの再現か走力が高いので、代わりに盗塁Eが付いている。しかし盗塁企図が少なく、通算4盗塁2盗塁死で成功率もそこまで低くないのでこの形が適切かと。

満塁男

満塁時.333(6-2) 2本塁打

三振

三振率.287

強振多用

全21安打中長打12本(二塁打5本、本塁打7本)と過半数が長打なので。