青竹龍尾

パワプロ2018でOB選手を作ってます。

森山良二 (1988) 【パワプロ2018】

打者としての素質にも定評があったが投手となり、1年目の1987年の自主トレーニングの段階から優れた身体能力を発揮し、森祇晶監督にはバランス能力の高さを評価されている。9月10日に一軍初登板を果たすと10月13日にはプロ初先発で初勝利を挙げた。同年の日本シリーズでは第1戦でリリーフとして登板し、1イニングを1安打無失点に抑えている。
2年目の1988年は東尾修の出場停止や小野和幸の移籍もあって先発ローテーションに入り、パームボールを武器に前半戦だけで8勝を挙げてローテーションに定着した。後半戦はパームの制球に苦しんだがシーズン通算で10勝し、同年の日本シリーズでは、第4戦で最少被安打のシリーズタイ記録となる2安打完封勝利[10]を収めて優秀選手賞を受賞した。これらの活躍が評価されて新人王を獲得し、オフには1000万円増の年俸1500万円(推定)で契約を更改している。
しかし1989年はひじと肩の故障から2試合のみの登板に終わり、1990年はオープン戦で好投して先発復帰を目指したものの未勝利となった。1991年頃から軟投派への転向を目指し、1993年開幕直前の3月24日に清水義之との交換トレードで中村日出夫と共に横浜に移籍した。横浜では中継ぎやローテーションの谷間の先発を任され、6月6日の対中日戦で5年ぶりに先発勝利を挙げている。その後、1995年限りで現役を引退した。

 

1988年成績

防御率3.46 10勝9敗 77奪三振 169投球回

新人王

 

f:id:Harumaki_0924:20190524104827j:plain

f:id:Harumaki_0924:20190524104831j:plain

f:id:Harumaki_0924:20190524104835j:plain

 

球速

Wikipediaでは最速143km/hと書いてあるが日本シリーズで146km/hを計測している。

闘志

1988年のオープン戦で中日相手に好投した時、星野仙一監督が試合後のインタビューで「何であんなわけ分からんピッチャーに抑えられるんや」とボヤいた。この事が同年日本シリーズ第4戦の完封へと繋がった。試合中ベンチに戻る度に中日ベンチを睨み付けていたと言う。その後、2011年には、コーチを務める楽天の監督に星野が就任することになる。