青竹龍尾

パワプロ2018でOB選手を作ってます。

立浪和義 (1999) 【パワプロ2018】

五番 立浪 真を打つ

選手会長に就任。李鍾範と入れ替わるように内野手に復帰し開幕戦で「5番・二塁手」で先発出場、6回裏にネイサン・ミンチーからバットを折りながらもライト前に勝利打点となるタイムリーを放った。開幕戦で立浪のタイムリーにより開幕戦に逆転勝利し、そこから中日はプロ野球タイの開幕11連勝を飾った。打率は2割6分台だったもののチーム最多の勝利打点を記録し、チームの優勝に貢献した。チームの優勝が決まった日の試合では、最後の打者がセカンドフライを打ち上げ、ウイニングボールを掴んだ。

 

1999年成績

.266(417-111) 4本 53打点

 

f:id:Harumaki_0924:20200126003946j:plain

f:id:Harumaki_0924:20200126003949j:plain

f:id:Harumaki_0924:20200126003951j:plain

 

弾道3、走塁C

二塁打32本打っているので少しでも増えるように。オーペナで再現は不可。

チャンスB

.303(109-33)

対左投手C

.291

満塁男

.429(14-6) 0本

打球方向別安打数
左 単打14 二塁打13 三塁打1 本塁打0
中 単打27 二塁打5   三塁打0 本塁打0
右 単打21 二塁打14 三塁打0 本塁打4
内野安打12

 

肉離れで離脱しているのでケガしにくさEにするべきだったかもしれない。

 

2020年1月6日追記

再作成しました。

基礎能力変更

査定基準が変わったため。

ケガしにくさE追加

肉離れの離脱あり。デフォにケガ×があったので。

流し打ち削除

むしろなんでつけてたのだろう。

 

2020年1月26日追記

再々作成しました。

ミート3低下

査定基準変更のため。

逆境〇追加

勝利打点がチーム最多だった勝負強さ。今までつけなかったのが謎。
「負けん気」はまさに逆境〇。