青竹龍尾

パワプロ2018でOB選手を作ってます。

杉下茂 (1954) 【パワプロ2018】

フォークボールの神様」杉下茂

1954年のプロ野球杉下茂の年だといっても過言ではないだろう。この年杉下茂防御率1.39(最優秀防御率)、32勝12敗(最多勝)、勝率.727(最高勝率)、273奪三振最多奪三振)、7完封(最多完封)を記録し、日本プロ野球史上4人目、2リーグ分立後初となる投手五冠王に輝き、中日ドラゴンズを初優勝に導いた。特に優勝を争った読売ジャイアンツからは、この年にチームが挙げた14勝(12敗)のうち、11勝(5敗)を杉下一人で稼いだ。また、巨人以外にも国鉄スワローズとの試合に敗れたら優勝を逃すことから、国鉄のエース・金田正一と投げ合って全勝を収め、金田は対中日ドラゴンズ戦で1勝7敗と大きく負け越した。さらに西鉄ライオンズ相手の日本シリーズでも7試合中5試合に登板し、うち4試合に完投、自身も3勝1敗の好成績で日本一に大きく貢献し、中日ドラゴンズとしては史上初の日本シリーズMVPに輝いた。

この年中日はチームとしては強かったわけでなく、チーム防御率は1位ながら巨人と大差なく、得点に関しては100点ほど離されており、前述の巨人戦の活躍もあり、杉下に負けた形になった。

さらに日本シリーズにおいて杉下対西鉄打線とのような見方がされ、シリーズ後西鉄三原監督が「勝てると思ったが、杉下一人にやられた。」との発言もあり、この年の杉下の活躍が、大エース一人を酷使すれば日本一にまで成れる前例となり、後の稲尾や杉浦の酷使に繋がっていったとされている。

 

1954年成績

防御率1.39 32勝12敗 273奪三振 63登板 395.1投球回 27完投 7完封

最多勝 最優秀防御率 最多奪三振 最高勝率 最多完封

沢村賞 MVP 日本シリーズMVP ベストナイン

 

f:id:Harumaki_0924:20190125222100j:plain

f:id:Harumaki_0924:20190125222105j:plain

f:id:Harumaki_0924:20190125222111j:plain

 

査定について

結局公式のを基に強化と調整といった感じになりました。スローカーブあってもよかったかも。

巨人キラー付けたい。