青竹龍尾

パワプロ2018でOB選手を作ってます。

南海ホークス

野村克也 (1964) 【パワプロ2020】

パワナンバー:11100 50115 20716 粘り打ち 前年まで三振が多い選手だったのがこの年を境目に少ない選手に変身している。その割に打率が上がってなく、その結果BABIPが低くなってるので、どんな変化があったか気になる。 満塁男 満塁ホームラン二本。

杉浦忠 (1964) 【パワプロ2020】

パワナンバー:11900 40287 33770 回復B 血行障害なのに投げ過ぎでは。 球持ち○ そういうフォーム。

広瀬叔功 (1964) 【パワプロ2020】

パワナンバー:11300 70278 49537 対左投手C 左投手から3本。当時のパリーグに左投手は15%くらいしかいない。 クラシックSTATS鑑賞 : 広瀬叔功、全本塁打一覧|本塁打大全 ケガしにくさE 腱鞘炎。打席に立たない試合が多い。 走塁A 積極走塁 盗塁だけでな…

小池兼司 (1964) 【パワプロ2020】

パワナンバー:11800 70281 74448 プルヒッター 引っ張り専門。 粘り打ち この年は急に三振が減る。野村克也も同様の傾向があり、チーム全体で766→618と減らしているのでチーム方針が変わったのだろうか。 意外性 勝負強くオールスターや日本シリーズで活躍。…

野村克也 (1965) 【パワプロ2020】

パワナンバー:11300 10125 29534 基本的には1963年と変わらない。 捕球 前年から失策も捕逸も少なくなっている。

野村克也 (1963) 【パワプロ2020】

パワナンバー:11300 10155 28221 守備力 木塚の素早い送球術を参考にし、ミットも浅いものを選んだ。 捕球 エラー 18失策。 盗塁C 積極盗塁 通算117盗塁。走力Eなので単年の成績関係なく甘目に。 プルヒッター 通算657本塁打を方向別に見ると、左翼が5…

門田博光 (1988) 【パワプロ2018】

不惑の大砲 説明不要! 1988年成績 .311(447-139) 44本 125打点 MVP 本塁打王 打点王 ベストナイン デフォにあるので変更点を ミート 自分の査定基準だとこう。特能増やしたしいいでしょう。パワーはたまたま同じになっただけ。 ケガしにくさE この年は全試…

杉浦忠 (1970) 【パワプロ2018】

1970年成績 2.75 1勝1敗 球速 わかんない。奪三振がかなり減ったので大幅に遅くした ケガしにくさE 血行障害。結構投げているのでFではないかなと 回復F 血行障害。二日連続登板無し 一発 4被本塁打。被本塁打率1.01 お詫び フォームをアンダースローにす…

杉浦忠 (1958) 【パワプロ2018】

「史上最強のアンダースロー」杉浦忠の1年目です。 1958年成績 2.05 27勝12敗 215奪三振 新人王 球速 例の球速解析から クイックF ランナーが出てもいないときと同じテンポで投げていたらしい クロスファイヤー そんな感じ

飯田 徳治 (1954) 【パワプロ2018】

「仏の徳さん」、飯田徳治一塁手です。 一塁守備でのワンバウンド送球に対するグラブ捌きは、戦前の名一塁手・中河美芳の跡を継ぐ「タコ足二世」と呼ばれた。ショートバウンドの処理は抜群で、それまであまり問題にされなかった一塁手の守りの重要性を飯田は…

木塚 忠助 (1954) 【パワプロ2018】

その強肩ぶりは「バカ肩」と呼ばれ、「イダ天」とも称された俊足と相まって人気が高かった木塚忠助遊撃手です。 守備は堅実というより華麗、守備範囲が広いうえに送球への流れの中で捕球し、矢のような球を投げた。 1954年成績 .253(443-112) 7本 30打点 37…

森下 正弘 (1954) 【パワプロ2018】

1952年に南海へ入団。「百万ドルの内野陣」のうち、飯田徳治・蔭山和夫・木塚忠助らがまだ現役だったが、二塁手・三塁手・遊撃手などをこなせるユーティリティープレイヤーだったこともあり、1年目から一軍で起用される。1953年には主に遊撃手として46試合に…